現場ブログ

外壁塗装のタイミング

グランデ営業担当の中島です!!

 

今回は外壁塗装のタイミングに関してお伝えします。

 

外壁塗装が必要な目安は多々ありますが、以下の5つのような状態が見られると

 

外壁の耐久性が低下しているので注意が必要です!

 

 

 

①シーリング材の劣化

 

 

シーリングとは壁の継ぎ目部分のことです。

 

シーリングがひび割れていたり、写真のように欠損していると雨漏りの原因となるため注意が必要です。

 

 

 

②コケや汚れの発生

 

コケや汚れが付着しているということは、外壁の塗料の耐候性(保護機能)が失われている状態を示しています。

 

 

 

③クラック(ひび割れ)の発生

 

クラック(ひび割れ)が発生していると、壁の内部に水が廻ってしまいます。

 

 

 

④チョーキング(白亜化)の発生

 

 

 

チョーキング(白亜化)とは外壁の塗料が粉化している状態です。

 

塗料が粉化しているということは、塗料が機能しなくなっている状態を示しています。

 

 

 

⑤塗膜の剥がれ・膨れ

 

 

壁の表面の塗膜が剥がれたり、浮いている状態です。

 

 

 

お建物の立地や環境によっても異なりますが、上記のような症状は築10年頃

 

もしくは塗装後10年ほど経つと発生してきます。

 

上記のような現象にお気づきになられたら、外壁塗装のご検討をお勧めいたします!

 

また、弊社ではそういった調査・工事の御見積等も無料で行っておりますので

 

お気軽にお問合せ下さい!

お電話でのお問い合わせ

0120-10-7609 受付時間 / 9:00~18:00 (日曜日定休)
※日曜でも予約の場合対応可
来店予約はこちらから