現場ブログ

コケの付着

板橋区の外壁屋根塗装グランデ 営業担当の中島です!!

 

外壁が劣化してきた合図として分かりやすいものに「コケ」の付着があります。

 

新築後10年ほど経つと、外壁の塗膜が劣化し外壁の「含水率」が上昇し

 

しばしば、「コケ」や微生物が発生しやすくなります・・・

 

温暖多湿な日本の気候も繁殖を助長します。

 

後々の影響として考えうるのが外壁の剥がれ等の被害です。

 

理想のお建物だとしても、外壁が剥がれてしまっては元も子もありません。

 

泣く泣く、高額の補修費用が必要となってしまう前の、調査

 

保護の意味での塗装工事をおすすめいたします!

 

 

「コケ」の発生は、分かりやすい劣化の合図ですので、チェックをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

お電話でのお問い合わせ

0120-10-7609 受付時間 / 9:00~18:00 (日曜日定休)
※日曜でも予約の場合対応可
来店予約はこちらから