現場ブログ

タスペーサーの重要性

グランデ 営業担当の中島です!

 

今回は「タスペーサー」というものについてご説明します!

 

 

↑が「タスペーサー」というもので、スレート屋根の塗り替え時に使用するものです。

 

※スレート屋根とは↑のような屋根です。

 

スレート屋根は1枚1枚が重なって出来ていて、塗装されていない状態だと、1枚ずつ間に隙間が空いています。

 

改修工事の際に塗装を行うと、塗料の厚みでその隙間が埋まってしまい、屋根同士がくっついてしまいます。

 

そうしたら何が起こるかというと「毛細管現象」という現象が発生します。

 

この「毛細管現象」が屋根で発生すると、簡単に言うと雨漏りが発生しやすくなってしまいます。

 

せっかく塗装を行なったのに、逆に雨漏りが発生するということが起きてしまいます・・・

 

そういったことを防ぐのに必要なのがこの「タスペーサー」になります!

 

↑のように1枚ずつ手作業で挿入していきます。

 

この「タスペーサー」入れることによって、屋根同士に隙間を作り(縁切り)雨漏りを防止することが可能になります!

 

手間と時間がかかり、さらにお客様も確認しにくい作業なので、この工程を割愛する業者がいるのも事実です。

 

なので、御見積書をご覧になる際はこの「タスペーサー」という項目が入っているか要チェックが必要です!

お電話でのお問い合わせ

0120-10-7609 受付時間 / 9:00~18:00 (日曜日定休)
※日曜でも予約の場合対応可
来店予約はこちらから